ディスコグラフィーの一覧に戻るボタン

北国行きで

  • 「北国行きで」パッケージ表面

詳細データ

型番
ASD1003R(カートリッジ)
発売日
1972/5
価格
¥2,400(カートリッジ)
発売
ワーナー・パイオニア株式会社
販売
アポロン音楽工業株式会社

→アルバム「これから始まるなにか」

→CD版「これから始まるなにか」

※本作はカートリッジ(8トラ)のみでの発売。

解説

アルバム「これから始まるなにか」写真

カセットテープ

写真

8トラ・カートリッジ

ファースト・アルバム「これから始まるなにか」のカートリッジ版(カセットテープ版の発売記録は未確認)になる。

テープ長の関係上か、LP版とは収録曲順が大幅に変わっているのが特徴である。

【カセットとカートリッジについて】

カセットテープとは一般的な音楽用のコンパクト・カセットのこと。

音楽を録音する民生用ブランクメディアは、MDやCD-Rの登場まで、長い間このカセットテープが主流だった。また、フロッピーディスクが主流になる以前のPCでデータ保存媒体としても使われた。

2011年には、オックスフォード英語辞典が"Cassette Tape"を死語として削除している。

カートリッジとは8トラック・カートリッジテープのこと。

略して8トラはカーステレオのほか、バス等の車内放送やカラオケ用として1980年代の後半頃まで主に業務用として使われた。

安価かつ小型で長時間の記録が可能というアドバンテージの多いカセットテープが、ドルビーラボラトリーズ社の音質向上技術を取り入れシェアを拡大していったのに対し、構造上テープの切断が起こりやすい上にメンテナンス性の悪い8トラは次第に姿を消していくことになった。

曲目紹介

  • 北国行きで

    作詞
    山上路夫
    作・編曲
    鈴木邦彦
  • 別れの朝

    作詞
    Joachim Fuchsberger
    作曲
    Udo Jürgens
    訳詞
    なかにし礼
    編曲
    鈴木邦彦
  • また逢う日まで

    作詞
    阿久悠
    作曲
    筒美京平
    編曲
    鈴木邦彦
  • 終着駅

    作詞
    千家和也
    作曲
    浜圭介
    編曲
    鈴木邦彦
  • 誰も知らない

    作詞
    岩谷時子
    作曲
    筒美京平
    編曲
    鈴木邦彦
  • トライ・ア・リトル・テンダネス

    TRY A LITTLE TENDERNESS
    作詞・作曲
    Reg Connelly, Harry MacGregor Woods, Jimmy Campbell
    編曲
    前田憲男
  • ミスター・スマイル

    Mr. Smile
    作詞
    片桐和子
    作曲
    小松久
    編曲
    森岡賢一郎
  • スーパースター

    SUPERSTAR
    作詞・作曲
    Bonnie Bramlett, Leon Russell
    編曲
    前田憲男
  • マミー・ブルー

    MAMY BLUE
    作詞・作曲
    Hubert Giraud
    編曲
    前田憲男
  • 明日に架ける橋

    BRIDGE OVER TROUBLED WATER
    作詞・作曲
    Paul Simon
    編曲
    前田憲男
  • ダイヤモンドは永遠に

    DIAMONDS ARE FOREVER
    作詞
    Don Black
    作曲
    John Barry
    編曲
    前田憲男
  • デライラ

    DELILAH
    作詞
    Barry Mason
    作曲
    Les Reed
    編曲
    前田憲男
アイコン

収録曲順について。

8トラ版の収録構成は色分けで順に1ch・2ch・3ch・4chとなっています。