このサイトはInternet Explorer 6に対応していません。

アイコン

各音源の詳細について

ジャケット写真をクリックするとそれぞれの音源の詳細がご覧いただけます。

その時代背景、関連する事柄、音楽的なことを拙い言葉で語っています。間違いが多々あると思いますがご容赦下さい。また、ご指摘等ありましたら、ページ下部の【管理人にメール】よりご連絡下さい。

なお、文章内の人物名についてはすべて敬称略とさせていただきますことをご了承下さい。

ディスコグラフィー(シングル・アルバム)

田辺エイ子時代のレコード

学生時代に録音された貴重な音源たち。「歌う雑誌 KODAMA」を除いてすべてビクターからの発売。

日活旧作映画の音楽原盤のアーカイブ作業の際に、田辺エイ子名義で歌った日活映画「川っ風野郎たち」の挿入歌が発掘された。収録作品のページは下記から。

→渡辺宙明 日活映画音楽大全

キングレコード在籍時のシングル

初めての渡米から帰国後、朱里エイコとしてキングレコードからデビュー。

どれもなかなかお目にかかれないレコードで、中古品に万単位の値付けがされることも稀ではない。

  • 恋のおとし穴/孤独の太陽
  • ジ・エンド・オブ・ラブ/マシュ・ケ・ナダ
  • イエ・イエ/恋のアングル
  • アニマル1の歌/ナナコの歌
  • ハバナ・アンナ/クレイジー・ラブ
  • まぼろしの声/悪魔のとりこ
  • しのび泣きの恋/むかしの貴方
  • 恋のブラックカード/沈む夕陽は止められないの

ワーナー・パイオニア在籍時のシングル

2回目の長期渡米から帰国後、ワーナー・パイオニアのリプリーズ・レーベルから再デビュー。

朱里エイコといえば、この時期の歌やミニスカート姿が真っ先に思い出されるのではないだろうか。

  • 恋のライセンス/ミスター・スマイル
  • 北国行きで/時の流れにのこされて
  • 心の痛み/青春のときめき
  • 恋の衝撃/あたたかい胸
  • 見捨てられた子のように/愛のサンセット
  • ジェット最終便/渚のハイウェイ
  • あなたの勝ちだわ/そんなのないわ
  • 二時から四時の昼下り/雨ものがたり
  • 白い小鳩/愛の場所
  • AH SO!/悲しみの鳥が飛び立つとき
  • 愛のめざめ/絶体絶命
  • 明日への願い/愛のフィーリング
  • めぐり逢い/陽はまた昇る
  • ジョーのダイヤモンド/オクラホマ・モーニング
  • SAMURAI NIPPON/サムライ・ニッポン
  • 窓あかり/星と女
  • 愛は旅びと/Everytime 愛

ワーナー・パイオニア在籍時のアルバム

朱里エイコがオリジナルLPを発売したのはワーナー・パイオニア在籍時のみ。

持ち歌・カバー曲による定番構成のもの、企画物、ライブ盤、ベスト盤など、多数のアルバムを発売した。

  • これから始まる何か
  • DELUXE4 心の痛み/恋のライセンス/北国行きで/スーパー・スター
  • ペドロ&カプリシャス・朱里エイコの世界
  • 恋の衝撃
  • DELUXE4 恋の衝撃/ゴッド・ファーザー/北国行きで/母と子の絆
  • 朱里エイコ・オン・ステージ
  • EIKO SHURI 3
  • パーティー
  • ジェット最終便
  • SUPER SELECTION TODAY
  • MY FAVORITE SONGS
  • JUMPING FLASH
  • ペドロ&カプリシャス/朱里エイコ
  • LAS VEGAS HERE I COME
  • NOW ON STAGE
  • ENDLESS
  • NICE TO BE SINGING
  • Eiko Shuri BEST

後期のシングル

ワーナー・パイオニアを去った朱里エイコはRCA、ポリドールでそれぞれ1枚づつシングルを発売。最後のシングルは古巣キングレコードから発売されたシングルCDとなった。

  • 知らせないで/Don't Be Afraid
  • すべての愛をあなたに…/グレイテスト・ラブ・オブ・オール
  • お手をどうぞ/いつの日も愛のために

レコードのラベル一覧

上記作品の各ページに掲載しているレコードのラベルを一覧できるように次のページにまとめた。

→ラベル一覧(シングル・アルバム)