このサイトはInternet Explorer 6に対応していません。

アイコン

各情報について

多くの情報が断片的または不正確です。新しい情報やご指摘等ありましたら、ページ下部の【管理人にメール】よりご連絡下さい。

楽曲のタイトルについて。レコードのライナーや公演パンフレット記載のままで表記しているため、カタカナや大文字のみなど、表記が統一されていませんが悪しからずご了承下さい。

その他の情報(コンサート・リサイタル・ライブの記録)

コンサート・リサイタル・ライブの記録

コンサート・リサイタル・ライブのアイコン

朱里エイコのコンサート活動についての情報は極めて少ない。キング・レコード時代の活動についての情報は雑誌掲載なども少なく貴重。

「北国行きで」の大ヒットでテレビやラジオでの活動が増えたものの、ラスベガスでステージ・シンガーとしての修行を積んできた朱里エイコだけに、真価は生のステージでこそ発揮され堪能できるものだろう。最晩年のライブでも洋楽になると昔取った杵柄といった感じで、嬉々として歌う姿にはパワーがあった。

2012年の9月にはワーナー時代に発売されたライブ盤3タイトルが復刻され、朱里エイコのライブ歌唱がより気軽に聴くことができるようになった。

以下に紹介するものは、朱里エイコが踏んだ舞台のほんの一部である。セットリストが判明しているもの、判明していないもの、公演の詳細が判らないものなど、情報がまちまちなところはご容赦いただきたい。

ディスコグラフィーで触れていない楽曲については、ここで新たに解説した。

  • 帰国後初のリサイタル

    1966年9月30日 日本生命ビル8階にあった国際会議場

    初めての渡米から2年、帰国して初めて日本で開いたもの。客席の大半は芸能関係者だったようで、朱里エイコのお披露目リサイタルのようなものだったようだ。

  • サマー・ホリデー・ショー

    1969年8月9日 開催場所不明

    原田信夫をリーダーとするザ・キャラクターズ、レビューチームの東京ホリデーと共演したもの。日劇のグランド・レビューである「夏のおどり」みたいなものだろうか。

    出演: 朱里エイコ、ザ・キャラクターズ、東京ホリデー

    演奏: 居上博とファイン・メイツ

    (詳細不明の記事より)

  • リサイタル

    1971年10月 東京・青山タワーホール

    2度目の長期渡米から帰国後、青山タワービル内にあったタワーホールで5日間のリサイタルを開催。
    この時期に「北国行きで」が録音されたようだ。

  • オーロラ・バレンタイン・スペシャル

    1972年2月14日 京王プラザホテル

    京王プラザホテル内にあるオーロラ・ラウンジ・赤コーナーにて、20時と22時の2回、若いカップル向けにビートルズのナンバーから愛の唄を歌った。

  • いずみたくリサイタル'72

    1972年2月~3月 各地の労音

    1970年1月の大阪労音を皮切りに、1971年、1972年と3年に亘って行われたいずみたく・藤田敏雄のコンビによるコンサート。東京、名古屋、大阪、福岡、熊本といった主要都市で開催されている。

    出典画像
    • いずみたくヒット・メドレー
    • ラプソディ・イン・セブンティーズ
    • ラスベガスのお話 (朱里)
    • ほか

    構成・演出: いずみたく、藤田敏雄

    出演: いずみたく、ダーク・ダックス、ピンキー、由紀さおり、朱里エイコほか

    (月刊労音 1972年6月号より)

  • NOWコンサート

    1972年7月15日 東京・新宿
    出典画像

    「心の痛み」の発売を記念して。

      (週刊明星 1972年7月30日号より)

    • ナイトクラブ・ショー

      1972年 京都ベラミ

      ライブ盤「朱里エイコ オン・ステージ」の1枚目には京都のナイトクラブでのショーが2パターン収録された。コンサートと比べて短い内容だが、熱気ある内容となっている。

      出典画像

      (プログラム1)

      • オープニング~ワンダフル・デイ・ライク・トゥデイ
      • トム・ジョーンズ・メドレー
        • 最後の恋
        • ウィズアウト・ラブ
        • デライラ
      • 北国行きで
      • サムホエア
      • ルイジアナ・グッバイ
      • フォー・ワンス・イン・マイ・ライフ
      • ビートルズ・メドレー
        • カム・トゥギャザー
        • イエスタデイ
        • ヘイ・ジュード

      (プログラム2)

      • ヴィークル
      • レディ・イズ・ア・トランプ
      • 心の痛み
      • 朝日のあたる家
      • シェルブールの雨傘
      • バート・バカラック・メドレー
        • 雨にぬれても
        • 恋よ、さようなら
        • 恋の面影
        • アルフィ
        • 愛を求めて
      • 輝く星座

      演奏: 猪俣猛とサウンドリミテッド

      (「朱里エイコ オン・ステージ」(Disc1)より)

    • ビッグ・ファイブ・イン・コマ

      1972年8月 梅田コマ・スタジアム
      出典画像

      梅田コマ・スタジアム8月公演「ビッグ・ファイブ・イン・コマ」の「布施明ショウ」に出演。朱里エイコのコーナーがあり、ベラミ収録のレパートリーなどが歌われている。

      (朱里エイコ・コーナー)

      • ビークル
      • トムジョーンズ・メドレー
        • 最後の恋
        • ウィズ・アウト・ラヴ
        • デライラ
      • 心の痛み
      • 北国行きで
      • ルイジアナ・グッド・バイ
      • サム・ウェアー
      • アクエリアス~レッツ・ザ・サンシャイン・イン

      (八十分間世界一周)

      • 枯葉
      • 恋は水色
      • カム・ツゲザー
      • ヘイ・ジュード
      • トライ・ア・リトル・テンダーネス
      • スーパースター

      構成・演出: 竹内伸光

      ※以下「布施明ショウ」のスタッフ

      音楽: 宮川泰

      振付: 朱里みさを、小沢周三

      照明: 鳥居秀行

      装置: 渡辺正男

      演出補: 平井明

      演奏: 居上博とファイン・メイツ

      8/4-8/7 沢田研二ショウ

      8/9-8/14 布施明ショウ

      8/15-8/19 小柳ルミ子ショウ

      8/20-8/22 ラブ・サウンズ・ナウ!

      8/24-8/31 森進一ショウ

      (公演パンフレットより)

    • サマー・ポップス'72

      1972年8月 大阪労音

      大阪労音8月例会として開催されたもの。オーケストラなどの演奏と朱里エイコの歌で構成された。

      出典画像

      (第1部 60分間世界一周)

      (第2部)

      構成・指揮: 外山雄三

      編曲: 中川昌、大塚善章、田中克彦

      照明: 岡本俊治

      演奏: 大阪フィルハーモニー交響楽団、北野タダオとアロージャズオーケストラ、小田敬徳(ギター)

      歌: 朱里エイコ

      (月刊労音 1972年10月号より)

    • 労音主催 朱里エイコリサイタル

      1972年10~1973年5月 全国ツアー

      各地にある労音の統一企画として催された、朱里エイコ初めての大掛かりな全国ツアーコンサート。洋楽だけでなく、邦楽やオリジナル曲にも積極的に挑戦した。有名な失踪事件はこの郡山公演の最中に起こっている。

      当時の雑誌記事に掲載された、レコードに収録されていない楽曲も付記する(※Disc1で歌われているものもある)。これらは実際に歌われたのかは判っていない。

      出典画像出典画像

      郡山公演のチラシ

      (LP収録)

      • オープニング~キャバレー
      • ビューティフル・セカンド・マン
      • プラウド・メアリー
      • ボディ・アクション~恋の衝撃
      • ダニー・ボーイ
      • 希望
      • サーカスの女王
      • ヘイ・ビッグ・スペンダー
      • スイート・キャロライン
      • 顔をみないで
      • 約束
      • あかりを消して
      • ダンス天国
      • マイ・ウェイ

      (LP未収録)

      構成・演出: 藤田敏雄

      音楽: 前田憲男

      振付: 朱里みさを

      照明: 今井直次

      舞台監督: 金一浩司

      出演: 朱里エイコ、男性舞踊手(2名)

      演奏: 猪俣猛とサウンド・リミテッド、稲垣次郎のバンド

      10/11 東京、10/17 大阪、10/18 四日市、10/19 紀南、10/20 和歌山、11/1 平塚 (※演奏:猪俣猛とサウンド・リミテッド)

      11/14 秋田、11/15 盛岡、11/16 青森、11/17 北上 (※演奏:稲垣次郎とそのグループ)

      11/24 奈良、11/25 大津、11/28 名古屋、12/3 淡路、12/4 京都 (※演奏: 猪俣猛とサウンド・リミテッド)

      12/14 函館、12/15 札幌 (※演奏: 稲垣次郎とソウル・メディア、急性胆嚢炎のため1月9~10日に延期)

      1/17 横浜 (※演奏:稲垣次郎とソウル・メディア)

      1/22 高崎 (※演奏:稲垣次郎とシックスジョーズ)

      2/14 郡山、2/15 福島、2/16 いわき、2/22 山形、2/23 酒田、2/24 鶴岡 (※演奏:稲垣次郎とソウル・メディア、失踪のため福島といわきの公演は中止)

      3/24 水戸、3/27 長野、4/11 沼津、4/17 長岡、4/18 松本、4/19 大町、4/26 静岡、4/27 川崎、5/18 藤沢、5/23 川越、5/24 前橋、5/25 千葉 (※演奏:不明)

      ※上記は労音発表のスケジュールで、記載されていない市民会館系の会場での開催もあったようだ。

      (「朱里エイコ オン・ステージ」(Disc2)、月刊労音1972年9月号微笑 1973年3月10日号その他の雑誌記事より)

    • クリスマス・スペシャル・ショー

      1972年12月 首都圏の有名ホテル

      クリスマス時期には各ホテルのショーに引っ張りだこだったようだ。

      • 12月22日、赤坂プリンス
      • 12月23日、横浜プリンス
      • 12月24日、京王プラザ
      • 12月25日、東京プリンス

      (近代映画 1973年2月号)

    • 朱里エイコ・ショー

      1973年2月28日 東京會舘ローズ・ルーム(9階)

      司会: 志摩夕起夫

      (夕刊フジ 1973年2月20日号)

    • クリスマスダイヤモンドショー

      1973年12月22日 ホテル・グランドパレス・ダイヤモンドルーム

      出演: 朱里エイコ、ダークダックス、森寿男とブルーコーツ

      (女性自身 1973年12月1日号)

    • EIKO SHURI ON STAGE

      1975年2月 全国ツアー

      翌3月に3度目の長期渡米を控えた朱里エイコのお別れ公演である。これまでの集大成的な構成に加え、アルバム「パーティー」のナンバーや、渡米後もお得意のレパートリーとして歌ったメドレーが披露された。

      出典画像

      構成・振付: 朱里みさを

      音楽監督: 東海林修

      照明: 喜多川信男

      音響: サウンド・クラフト

      衣装製作: ミケ恵子(※朱里エイコの高校時代からの友人)

      舞台監督: 山田修

      出演: 朱里エイコ、ザ・ランブラーズ(コーラス)

      演奏: 石川晶とカウント・バッファローズ

      企画・制作: オールスタッフ・プロダクション、ワーナー・パイオニア株式会社

      2月12日、東京・中野サンプラザ。以降全国ツアー。

      (公演パンフレット、雑誌記事より)

    • ラスベガスライブ

      1975年12月、1976年2月 Frontier Hotel

      ライブ盤「LAS VEGAS HERE I COME」は、カジノ場にあるラウンジで行われていたショーを収録したもの。2週間の契約だった公演は、好評のため、更に1ヶ月間再演された。収録は再演中の2月14日(バレンタイン・デー)に行われた。

      出典画像
      • I'M NOT A LITTLE GIRL ANYMORE
      • SMILE~WHEN YOU'RE SMILING
      • 北国行きで
      • さくらさくら~THE WAY WE WERE
      • AL JOLSON MEDLEY
        • SWANEE
        • MY MAMMY
        • CALIFORNIA, HERE I COME
      • THE CAPTAIN & TENNILLE MEDLEY
        • THE WAY I WANT TO TOUCH YOU
        • LOVE WILL KEEP US TOGETHER
      • JUBILATION
      • FEELINGS
      • CABARET
      • I'VE GOT THE MUSIC IN ME
      • MY WAY

      (「LAS VEGAS HERE I COME」より)

    • ジョイント・リサイタル

      1976年6月19日 カーネギーホール

      音楽の殿堂であるカーネギーホールで、フィリピン出身のボードビル芸人であるReycards Duet(The Reycards)とのジョイント・リサイタルを開催。

      1963年10月にアイ・ジョージが出演して以来久々となる日本人歌手の登場で、女性としては初めてのことだった。現地の記者たちは朱里エイコを"リトル・ライザ"と呼んで賞賛した(ライザとはLiza Minelliのこと)。

      出典画像

      当日の舞台の様子

      • I'VE GOT THE MUSIC IN ME
      • CABARET
      • SWANEE
      • さくらさくら
      • 北国行きで
      • MY WAY
      • ほか、計15曲

      出演: Rey Ramirez、Carding Castro、朱里エイコ

      演奏: Harvey Truittほか

      (週刊明星 1976年4月18日号週刊プレイボーイ 1976年7月13日号週刊明星 1976年9月26日号週刊大衆 1976年10月28日号その他の雑誌記事より)

    • NOW ON STAGE

      1976年10月12日~11月 全国ツアー

      同じ年の6月にカーネギホールに出演という快挙を成し遂げ帰国。10月12・13日の東京・芝の郵便貯金ホール公演を皮切りに11月末まで、アメリカで公演していたものをアレンジしたプログラムで全国を縦断した。朱里エイコにとって祖国に錦を飾る凱旋コンサートとなった。

      出典画像
      • I'VE GOT A MUSIC IN ME
      • CAPTAIN & TENNILLE MEDLEY
        • Lonely Night
        • The Way I Want to Touch You
        • Love Will Keep Us Together
      • FEELINGS
      • I'M NOT A LITTLE GIRL ANYMORE
      • DON'T GO BREAKING MY HEART
      • 北国行きで
      • 恋の衝撃
      • ジョン・ヘンリー
      • 今・今・今
      • THE WAY WE WERE
      • LADY MARMARADE
      • ROCK'N ROLL MEDLEY
        • Rock & Roll Music
        • Rock Around The Clock
        • Got To Get You Into My Life
        • Kansas City
        • Long Tall Sally
      • I WRITE THE SONG (I SING THE SONG)
      • A CHORUS LINE MEDLEY
        • One
        • The Music And The Mirror
        • What I Did For Love
      • NEVER CAN SAY GOODBYE
      • MY WAY

      Keyboard & Arranged: Harvey Truitt

      Drums: Bill Cone

      E.Bass: Alan Ginter

      Female Chorus: Sonny Wilkinson & Nevis Maule

      編曲: Harvey Truitt & 東海林修

      制作協力: キョードー東京

      (「NOW ON STAGE」より)

    • 朱里エイコ・オンステージ

      1977年6月23日~ 全国ツアー
      出典画像

      新曲「めぐり逢い」のコンサート・ツアー。

      東京新宿の厚生年金ホールからスタートし、全国70会場を回る大掛かりなツアーになった。

      • めぐり逢い
      • Smile Opening
      • Ladys tramp
      • Way we were ~ Star is born
      • マスカレード
      • Lady marmarade
      • 北国行きで
      • ヒット・メドレー
      • 今・今・今
      • ジョン・ヘンリー
      • Show me
      • Shop around
      • Feeling
      • That's when the music takes me
      • A chorlus line Medley
      • I wrtie the song
      • Keep on singing
      • My way

      ※下記公演日程の一部。18:30開演。カッコ内は主催。

      • 6/23 新宿・厚生年金ホール(文化放送)
      • 6/25 大阪・フェスティバルホール(朝日放送)
      • 6/27 岡山市民会館(テレビ岡山)
      • 6/28 福岡市民会館(九州朝日放送)
      • 6/29 鹿児島サンロイヤルホテル(南日本放送)
      • 6/30 大分文化会館(テレビ大分)
      • 7/12 名古屋市民会館(中部日本放送)

      制作協力: キョードー東京

      (週刊平凡 1977年6月9日号平凡パンチ 1977年6月27日号週刊女性 1977年6月21日号その他の雑誌記事より)

    • リサイタル

      1977年11月29日 中野サンプラザ
      出典画像

      新曲「ジョーのダイヤモンド」発売を記念してのリサイタル。

      塚田三喜夫がゲスト出演した。

    • ダイヤモンド・コンサート

      1978年2月14日 日本消防会館(日消ホール)
      出典画像

      新曲「ジョーのダイヤモンド」のキャンペーン・コンサート。

      曲名にちなんで"ダイヤモンド作戦"を宝石店とタイアップ。朱里エイコ自身がデザインしたダイヤモンドのペンダントを、来場者の中から抽選で5名にプレゼントした。

    • My Sound Concert

      1978年6月8日 中野サンプラザ
      出典画像

        主催: キョードー東京

        後援: ワーナー・パイオニア

        協賛: キリンビール

        (公演チラシより)

      • オールスター歌の大祭典

        1978年12月16日 新宿コマ劇場

        2回公演のうち夜の部(17:45開演)に出演し「サムライ・ニッポン」を歌った。

        出典画像

          総合司会: 玉置宏

          司会: ジョーン・シェパード、鈴木ヤスシ

          演奏: スマイリー小原とスカイライナーズ、見砂直照と東京キューバンボーイズ

          主催: 東京音楽事業者協会

          協力: (株)集英社、平凡出版(株)

          (公演パンフレットより)

        • EIKO SHURI '79

          1979年2月、3月、5月 中野サンプラザ、全国ツアー

          前年末に発売したLP「NICE TO BE SINGING」をフィーチャーした公演。3度目の渡米以来手を組んでいるHarvey Truittや、「サムライ・ニッポン」のプロモーションのためにオーディションして連れてきていた4人のバックダンサーのうち2名がゲストとして出演した。

          また、舞台上でエレキギターの演奏を初披露した。

          出典画像出典画像

          プロデューサー: 田中豪孝

          構成: 内野二朗

          演出: 朱里みさを

          音楽: DON COSTA、HARVEY TRUITT、栗原三行

          振付: 朱里みさを、シュニー・パルミサーノ(Shuny Palmisano)

          照明: (株)共立

          音楽: (株)東京音研

          舞台監督: 江口正明

          監修: 藤田敏雄

          制作協力: (株)キョードー東京

          出演: 朱里エイコ

          踊り: RONALD MANGHAM、BRUCE KELLER

          唄・キーボード: DAVID TRUITT (※誤記載か、Harvey Truittとは別人なのかは不明)

          演奏: セレクション

          2月3日、東京・中野サンプラザ

          3月16日~18日、東京・日劇

          3月24日、大阪・サンケイホール

          5月18日、宮城・県民会館

          (公演パンフレット、公演チラシ、週刊明星 1979年1月28日号週刊大衆 1979年2月22日号その他の雑誌記事より)

        • JUMP UP '81 CONCERT

          1981日1月8日 郵便貯金ホール、全国ツアー
          出典画像

            主催: 文化放送

            後援: RVC株式会社

            協賛: 東京音協

            提供: (株)トーマス

            朱里エイコRCA移籍ファーストコンサート
            '81にジャンプする朱里エイコの歌声は完全にあなたを魅了するでしょう!

            (公演チラシ、雑誌記事より)

          • THE CRYSTAL ROOM REVUE

            日時不明 ザ・クリスタルルーム(ホテルニューオータニ)

            50分ほどのショーで、途中で付けまつ毛が取れてしまうというハプニングも。「かわいいでしょ?」なんていうジョークでうまくかわす。
            日本語詞の「The Greatest Love Of All」や「La Bamba」を歌っていること、体型や衣装のデザインから1987年頃か?

            資料映像より

            「音に魅せられて」を歌う。

            資料映像より

            取ったまつ毛は胸元に隠す。

            (資料映像より、資料提供:川浦様)

          • ジョイントコンサート

            1992年12月21日 府中どりーむホール

            芸能活動25周年を記念してコンサートを開催。プラターズ&シュープリームス(MOTOWN系のコピーバンドか?)というバンドと共演したようだ。

          • 大人の着席コンサート

            2002年10月12日 自由が丘メリックスホール

            MCでは「オバさんになってしまいましたからね」と謙遜するものの、ビートルズメドレーではマイクをグルンと回すなどのパフォーマンスをしたり、往年のヒット曲を当時の振り付けで歌って喝采を浴びた。

            途中、客席に降りて観客と握手するシーンも。途中でくじ引き大会があり、CD(全曲集)にその場でサインをしてプレゼントしていた。

            出典画像出典画像
            • 君は我が運命
            • 男が女を愛する時
            • MC
            • All Of Me
            • Fly Me To The Moon
            • MC
            • Unchained Melody
            • MC~抽選コーナー
            • ヴァイオリンとピアノによる演奏
              • エトピリカ (葉加瀬太郎)
              • 愛の挨拶 (Elgar)
              • チャルダーシュ (Monti)
            • ジェット最終便
            • 恋の衝撃
            • 北国行きで
            • MC
            • ビートルズ・メドレー
              • Come Together
              • A Hard Day's Night
              • Something
              • Yesterday
              • Hey Jude
            • MC
            • My Way (※1番を英語、2番を日本語で)

            (公演チラシ、リーフレットより)

          • Eiko Shuri Birthday Live!

            2003年3月7日 原宿 MUSIC PUB GABI GABI

            開演前は元気がなさそうだったが、歌が始まるとパーッと華やかに変身したのが印象的。中盤で自作の新曲「Dancing」が初披露された。練習不足だったのか緊張したのか、完璧に歌えていなかったのが残念だった。

            店内には1972年の紅白の衣装をはじめ、過去に本人が着用した衣装がいくつか飾ってあった。

            出典画像

            (第一部)

            • Hello, Dolly!
            • Fly Me To The Moon
            • 男が女を愛する時
            • ジェット最終便
            • Dancing (※新曲)
            • 愛の賛歌

            (第二部)

            • All Of Me
            • ろくでなし
            • 恋の衝撃
            • 北国行きで (※アレンジバージョン)
            • 白い小鳩
            • My Way (※1番を英語、2番を日本語で)

            (公演チラシより)

          • "Now and Then" LIVE!

            2003年6月11日 原宿 MUSIC PUB GABI GABI
            出典画像

            原宿GABI GABIでのライブ第2弾は、ゲストに葛城ユキを迎えて開催された。

            図らずもこれが歌手・朱里エイコが人前で歌う最後のライブとなった。

              (情報・資料提供: toi様)